レディースローン用語集

Cashing for ladies 金融用語集

レディースローン用語集 header image 2

リース

3月 24th, 2008 · No Comments

りーす

法律的には民法601条に規定する賃貸借契約の一種またはそれに類似の契約をリースと呼びます。

一般経済用語としてのリースは、企業が必要とする機械設備を通常3年とか5年とかいう比較的長期にわたって貸与する賃貸制度の事で、金融(ファイナンス)機能と従来の賃貸借行為とをミックスさせた商取引を指します。レンタルとの主な違いは、賃貸物件の調達手段(事前在庫か受注か)の違いと、賃貸期間、解約の可否の3点にあります。つまり、リースの場合は原則として、ユーザーが必要とする物件(機械・設備・店舗など)を、ユーザーの注文に基づいてリース会社が調達(購入)し、これを当該ユーザーに賃貸します。これに対してレンタルは、レンタル会社が事前に汎用性の高い耐久消費財や機械・設備などを購入し、在庫として保有しておき、これを不特定多数の顧客に比較的短期間(数日または数週間または数ヶ月)賃貸するのが特色です。契約期間についても、リースは通常3年以上で原則として中途解約を認めない(特にファイナンスリースの場合)のに対し、レンタルは中途解約をしても使用期間の賃料だけを払えばいいのです。一方、リースと割賦販売の違いは、リースは物件の所有権が最終的に(完済時)にユーザー(購入者)に帰属します。リース契約の種類は、大別するとファイナンスリース(金融リース)とオペレーティングリース(賃貸契約)とに分類されます。ファイナンスリースは、リース会社が特定物件を購入し、特定企業に「物融」の形で貸し付けるもので、①リース期間中に、投下資本を全額回収する、②中途解約は認めない、③物件納入(検収)後のメンテナンス等の責任は一切ユーザーに帰する—–などが特徴です。オペレーティングリースは、リース物件の保守、点検、修繕などの責任をリース会社が受け持つもので、一定の予告期間を置いて中途解約が可能です。対象ユーザーも、不特定多数の場合が多く、コンピュータ、自動車、建設機械など汎用性が高く、稼働率も高い物件が多い。なお、「メンテナンスリー」は、別名サービスリースともいい、ファイナンスリースに、保守、修繕などのサービス特約をつけたものをいいます。中途解約はできません。なお、リース契約においてはリースする立場のものをレッサー(lessor)、ユーザーをレッシー(lessee)と呼びます。


金融用語り行カテゴリーのクレジットカードやキャッシング、カードローン、証券、金融や経済に関する専門用語及び知識を紹介するページです。 クレジットカードやキャッシング、カードローン、証券、金融専門用語に関するデータベースサイトとして、お金全般に関する用語を幅広く収録し分かりやすく丁寧に解説しています。 [PR] 厳選レディースローン&レディースキャッシング

Tags: 金融用語り行

便利になったキャッシングやクレジットローンですが、そもそもローンとは必要な消費をするために先にお金を借りて後でお金を支払うシステムのことです。
ローンは住宅や車などの高額商品を購入するときなどに使われるのが一般的で、お金を貯めてから商品を購入するのでは遅すぎてしまう場合にローンを利用するメリットが大きいといわれます。
また高額商品を購入する以外に予定しなかった急な出費が生じたときにローンは役立っています。
無担保、無保証でお金を借りることの出来る消費者金融のキャッシングローン、クレジットカードなどのキャッシングローンなど、キャッシングローンやクレジットローンは今では生活するにあたってとっても便利なことは言うまでもありません。
しかしキャッシングローン、クレジットローンが利用するのに便利である一方でローンの返済に困ってしまう人は少なくありません。
当サイトでは、キャッシングやクレジットカードを利用される方が賢い消費生活を送るために普段はあまり意識したことのないキャッシングローン、クレジットローンの仕組みや専門用語について解説しています。
一見、生活を送る上でキャッシングやクレジットに関する専門用語の必要性は高くはありませんが、少しでもキャッシングやクレジットのことを理解して、キャッシングやクレジットカードを有効的に利用するための一助になればと思い立ち上げました。
キャッシングやクレジットカードを賢く使うための一つの参考情報としてご利用いただければ幸いです。