レディースローン用語集

Cashing for ladies 金融用語集

レディースローン用語集 header image 2

CDO

4月 3rd, 2008 · No Comments

しーでぃーおー

証券化では、多数の資産を集めて、それを裏付けに証券(ABS)を発行する。そのうち、企業向け融資などを集めるものをCLO、社債を集めるものをCBOという。
最初のCは「集める」という意味、最後のOは「証券」という意味で、真ん中がLの場合はローン(融資)、Bの場合はボンド(社債)となるわけである。
米国では社債市場が日本と比べはるかに活発で、市場から社債を購入してくるCBOの組成が九〇年代前半から一般的だった。
同じく市場から融資を購入するCLOも同様に発展したが、銀行が自身の保有する資産を証券化する現在のようなCLOは90年代後半に登場したもの。CDOのDは「デット」、つまり債務全般を指すもので、ローン、社債のほか、合成資産、つまり、保証類似デリバティブであるクレジット・デリバティブ(クレデリ)も裏付資産となっています。
クレデリだけでは保証料を稼ぐことができても元本の運用ができないので、国債や銀行預金など、リスクの少ない資産で元本を運用しながら、クレデリでリスクを集めるのが最近のCDOの潮流である。
また、CDO自体のリスクをクレデリに仕組む方式も行われている。

債務担保証券(Collateralized Debt Obligation)は、金銭債権で構成される資産を担保として発行される証券(資産担保証券、ABS)であり、証券化における商品の一つである。

担保資産(裏付資産)が債券類のみで構成される場合はCBO(Collateralized Bond Obligation)と呼ばれ、同じく貸付債権のみで構成される場合はCLO(Collateralized Loan Obligation)と呼ばれるが、CDOはこれらを包括した商品である。


金融用語し行カテゴリーのクレジットカードやキャッシング、カードローン、証券、金融や経済に関する専門用語及び知識を紹介するページです。 クレジットカードやキャッシング、カードローン、証券、金融専門用語に関するデータベースサイトとして、お金全般に関する用語を幅広く収録し分かりやすく丁寧に解説しています。 [PR] 厳選レディースローン&レディースキャッシング

Tags: 金融用語し行

便利になったキャッシングやクレジットローンですが、そもそもローンとは必要な消費をするために先にお金を借りて後でお金を支払うシステムのことです。
ローンは住宅や車などの高額商品を購入するときなどに使われるのが一般的で、お金を貯めてから商品を購入するのでは遅すぎてしまう場合にローンを利用するメリットが大きいといわれます。
また高額商品を購入する以外に予定しなかった急な出費が生じたときにローンは役立っています。
無担保、無保証でお金を借りることの出来る消費者金融のキャッシングローン、クレジットカードなどのキャッシングローンなど、キャッシングローンやクレジットローンは今では生活するにあたってとっても便利なことは言うまでもありません。
しかしキャッシングローン、クレジットローンが利用するのに便利である一方でローンの返済に困ってしまう人は少なくありません。
当サイトでは、キャッシングやクレジットカードを利用される方が賢い消費生活を送るために普段はあまり意識したことのないキャッシングローン、クレジットローンの仕組みや専門用語について解説しています。
一見、生活を送る上でキャッシングやクレジットに関する専門用語の必要性は高くはありませんが、少しでもキャッシングやクレジットのことを理解して、キャッシングやクレジットカードを有効的に利用するための一助になればと思い立ち上げました。
キャッシングやクレジットカードを賢く使うための一つの参考情報としてご利用いただければ幸いです。