レディースローン用語集

Cashing for ladies 金融用語集

レディースローン用語集 header image 2

裁定取引

4月 2nd, 2008 · No Comments

さいていとりひき

裁定取引(アービトラージ)とは、金利差や価格差を利用して売買し利鞘を稼ぐ取引のこと。

ある場所では豊富に存在していて安い商品が、ある場所では極めて貴重で高値で取引されていたとする。その事実を知っていれば、安いところで買い、高いところに持って行って売るだけで、利益を得ることが可能となる。

例えば、日本などの水資源が豊富な地域では水は希少性が乏しいため、極めて安価である。しかし、この水を砂漠のような水の希少性が高い地域に運んでいけば、高値で売ることができる。金融の世界でも同様な取引があり、金利の低いところで金を借り、金利の高いところで貸し出せば、元手が少なくても多額の利益を手にすることが出来る(レバレッジ)。

このような取引が行われた結果、価格(金利)の低い市場では需要増大で価格(金利)が上がり、価格(金利)の高い市場では供給増大で価格(金利)が下がり、次第に価格差や金利差が収斂していく。価格が収斂していくこの過程を一物一価の法則という。

同じ品質(財の同質性)の二つの商品に異なる価格が成立していることが知られている(完全情報)場合、両者の価格差は裁定取引の対象となる。裁定取引の対象となるまでは、分断された別々の市場として別の価格がついていても、対象となれば価格が収斂していくので、裁定取引には市場の接続、あるいは拡張の効果があることになる。こうすることで、より必要なところへ必要なものが供給され経済の資源配分が効率的になる。


金融用語さ行カテゴリーのクレジットカードやキャッシング、カードローン、証券、金融や経済に関する専門用語及び知識を紹介するページです。 クレジットカードやキャッシング、カードローン、証券、金融専門用語に関するデータベースサイトとして、お金全般に関する用語を幅広く収録し分かりやすく丁寧に解説しています。 [PR] 厳選レディースローン&レディースキャッシング

Tags: 金融用語さ行

便利になったキャッシングやクレジットローンですが、そもそもローンとは必要な消費をするために先にお金を借りて後でお金を支払うシステムのことです。
ローンは住宅や車などの高額商品を購入するときなどに使われるのが一般的で、お金を貯めてから商品を購入するのでは遅すぎてしまう場合にローンを利用するメリットが大きいといわれます。
また高額商品を購入する以外に予定しなかった急な出費が生じたときにローンは役立っています。
無担保、無保証でお金を借りることの出来る消費者金融のキャッシングローン、クレジットカードなどのキャッシングローンなど、キャッシングローンやクレジットローンは今では生活するにあたってとっても便利なことは言うまでもありません。
しかしキャッシングローン、クレジットローンが利用するのに便利である一方でローンの返済に困ってしまう人は少なくありません。
当サイトでは、キャッシングやクレジットカードを利用される方が賢い消費生活を送るために普段はあまり意識したことのないキャッシングローン、クレジットローンの仕組みや専門用語について解説しています。
一見、生活を送る上でキャッシングやクレジットに関する専門用語の必要性は高くはありませんが、少しでもキャッシングやクレジットのことを理解して、キャッシングやクレジットカードを有効的に利用するための一助になればと思い立ち上げました。
キャッシングやクレジットカードを賢く使うための一つの参考情報としてご利用いただければ幸いです。