レディースローン用語集

Cashing for ladies 金融用語集

レディースローン用語集 header image 2

名寄せ

3月 24th, 2008 · No Comments

コンピューターなどで同姓同名者などを一つの郡にまとめ、そこからさらに住所、生年月日、勤務先などによって、当該照会人物を特定すること。同一人の多数取引口座をまとめて、一覧できるようにすることを名寄せと呼ぶ。

さらに昨今は、「名寄せ」の定義が拡大しており、金融機関以外でも、「顧客の一元管理」の文脈のなかで「名寄せ」が語られたり、個人情報保護・機密漏洩の文脈で、「(本人の同意なく取得した)個人情報の一元管理」の文脈のなかで「名寄せ」が語られるなど、その意味は拡大しつつある


名寄せ(なよせ)とは、従来、特に預金保険法施行以前は、金融機関における業務の通称。おおよそ金銭の権利を預かる行政機関にも共通する重要な業務である。
同一金融機関内、より狭くは同一支店内に同一顧客(自然人・法人・法人格を有しない団体等を問わない)が、複数の口座を保有することになった場合、後続する口座を開設する際に、顧客属性情報(「名前」「住所」「生年月日」「設立年月日」等)を用いて既存口座との権利主体・属性一致を確認し、一致する場合は、同一顧客の複数口座として「一元管理」する手続きのことをいう。
当該金融機関の管理上の利便性・正確性を確保するための内部手続きであった。

屢々、預金口座(貯金口座)に限定した定義がみられるが、例えば銀行の場合、預金口座と貿易取引口座(信用状取引等)との「名寄せ」もありえるため、預金に限定はされない。

ところが、預金保険法施行以後は、当該法律に基づき、ペイオフの手続き上、預金額確定を目的とする「名寄せ」の必要性が生じた。そのため、上記の内部的な「名寄せ」だけでなく、社会的意義・必要性が付加されることとなった。

さらに昨今は、「名寄せ」の定義が拡大し、金融機関以外でも、「顧客の一元管理」の文脈のなかで「名寄せ」が語られたり、個人情報保護・機密漏洩の文脈で、「(本人の同意なく取得した)個人情報の一元管理」の文脈のなかで「名寄せ」が語られるなど、その意味は拡大しつつある。

「彼は昔の彼ならず」と言われるように、自然人であれ法人であれ、各種団体であれ、「氏名」「商号」「名称」が常に同一であるとは限らない。婚姻による氏の変更、商号変更、転居、本社移転、等々により、同一の存在でありながら、外部(例えば金融機関)に提出した属性情報が異時点で異なるということがよくある。
旧名での取引による混乱,旧住所宛取引による混乱、同一顧客を、複数の別顧客と誤認したことによる混乱、は不可避である。

[source wikipedia]
レディースローンのことなら


金融用語な行カテゴリーのクレジットカードやキャッシング、カードローン、証券、金融や経済に関する専門用語及び知識を紹介するページです。 クレジットカードやキャッシング、カードローン、証券、金融専門用語に関するデータベースサイトとして、お金全般に関する用語を幅広く収録し分かりやすく丁寧に解説しています。 [PR] 厳選レディースローン&レディースキャッシング

Tags: 金融用語な行

便利になったキャッシングやクレジットローンですが、そもそもローンとは必要な消費をするために先にお金を借りて後でお金を支払うシステムのことです。
ローンは住宅や車などの高額商品を購入するときなどに使われるのが一般的で、お金を貯めてから商品を購入するのでは遅すぎてしまう場合にローンを利用するメリットが大きいといわれます。
また高額商品を購入する以外に予定しなかった急な出費が生じたときにローンは役立っています。
無担保、無保証でお金を借りることの出来る消費者金融のキャッシングローン、クレジットカードなどのキャッシングローンなど、キャッシングローンやクレジットローンは今では生活するにあたってとっても便利なことは言うまでもありません。
しかしキャッシングローン、クレジットローンが利用するのに便利である一方でローンの返済に困ってしまう人は少なくありません。
当サイトでは、キャッシングやクレジットカードを利用される方が賢い消費生活を送るために普段はあまり意識したことのないキャッシングローン、クレジットローンの仕組みや専門用語について解説しています。
一見、生活を送る上でキャッシングやクレジットに関する専門用語の必要性は高くはありませんが、少しでもキャッシングやクレジットのことを理解して、キャッシングやクレジットカードを有効的に利用するための一助になればと思い立ち上げました。
キャッシングやクレジットカードを賢く使うための一つの参考情報としてご利用いただければ幸いです。