レディースローン用語集

Cashing for ladies 金融用語集

レディースローン用語集 header image 2

買持ち

3月 27th, 2008 · No Comments

かいもち
買持ち(バイ・アンド・ホールド)とは、個々の証券またはポートフォリオをいったん買い付けたあと、償還期限まであるいはかなりの長期間にわたって持ち続ける運用法をいいます。債券では償還期限まで持ち続けることが行われますし、株式の場合には、例えば「コーヒー缶戦略」といわれる方法がとられます。これは家庭において赤ん坊が生まれたときに優良成長株を買い、それをコーヒーの空缶に入れて戸棚の上に乗せたままにしておき、子供が大学に入るときに、株券を取り出して売却し、学資に当てるという行動をいいます。機関投資家などにおいても、同様の買持ち戦略をとることが高い運用成果をあげることができるとされてきました。
 債券の場合は、利子再投資リスクを無視すれば、購入時点で投資成果のめどがつくために買持ち戦略の有効性がわかります。また、保有債券を満期所有に限定することで、途中の時価評価を省略できる場合もあり、金利変動に伴う評価損が決算に影響することも回避できます。
 ただ、株式の場合は、高度成長期には有効であった優良成長株の買持ちも、今日のような経済・産業の激動期にあっては必ずしも最善の策とはいえなくなっています。
 買持ち戦略のメリットは、(1)保有期間中のマクロ、ミクロの出来事にあれこれ気を使わなくて済む、また(2)途中で売買することが無いため運用コストが安くあがるというところにあります。デメリットとしては、銘柄選択に十分な注意が必要だということがあります。例えば、債券ではデフォルトの可能性、株式では時流からはずれて成長株でなくなる可能性などに注意しなければならないということです。

[source by money hyakka]


金融用語か行カテゴリーのクレジットカードやキャッシング、カードローン、証券、金融や経済に関する専門用語及び知識を紹介するページです。 クレジットカードやキャッシング、カードローン、証券、金融専門用語に関するデータベースサイトとして、お金全般に関する用語を幅広く収録し分かりやすく丁寧に解説しています。 [PR] 厳選レディースローン&レディースキャッシング

Tags: 金融用語か行

便利になったキャッシングやクレジットローンですが、そもそもローンとは必要な消費をするために先にお金を借りて後でお金を支払うシステムのことです。
ローンは住宅や車などの高額商品を購入するときなどに使われるのが一般的で、お金を貯めてから商品を購入するのでは遅すぎてしまう場合にローンを利用するメリットが大きいといわれます。
また高額商品を購入する以外に予定しなかった急な出費が生じたときにローンは役立っています。
無担保、無保証でお金を借りることの出来る消費者金融のキャッシングローン、クレジットカードなどのキャッシングローンなど、キャッシングローンやクレジットローンは今では生活するにあたってとっても便利なことは言うまでもありません。
しかしキャッシングローン、クレジットローンが利用するのに便利である一方でローンの返済に困ってしまう人は少なくありません。
当サイトでは、キャッシングやクレジットカードを利用される方が賢い消費生活を送るために普段はあまり意識したことのないキャッシングローン、クレジットローンの仕組みや専門用語について解説しています。
一見、生活を送る上でキャッシングやクレジットに関する専門用語の必要性は高くはありませんが、少しでもキャッシングやクレジットのことを理解して、キャッシングやクレジットカードを有効的に利用するための一助になればと思い立ち上げました。
キャッシングやクレジットカードを賢く使うための一つの参考情報としてご利用いただければ幸いです。