レディースローン用語集

Cashing for ladies 金融用語集

レディースローン用語集 header image 4

Entries Tagged as '金融用語か行'

為替手形

4月 3rd, 2008 · No Comments

かわせてがた
手形の振出人(発行者)が、第三者(支払人)に委託し、受取人またはその指図人に対して一定の金額を支払ってもらう形式の有価証券のことである。略称は為手(ためて)。
遠隔地との取引をする際(特に輸出入)、現金を直接送ることの危険を避けるために用いられることが多い。
遠隔地との取引をする際(特に輸出入)、現金を直接送ることの危険を避けるために用いられることが多い。
日本の商慣行では、江戸時代の遠距離取引においては為替の手段として今日の為替手形と同様の物が用いられていたが、現在の国内取引の決済手段としては、ほとんど用いられない。債権者が債務者に引き受けさせ、期日に支払いをさせるといった、融資の手段として用いられる。
印紙税は「手形を完成させた」者が納付することを利用し、支払人欄に署名し振出人欄を空欄とした為替手形を約束手形の代わりに受取人に交付することがある。この場合、受取人は、手形要件の記載を欠かないよう、振出人欄に自ら署名せざるをえないので、印紙税を負担することになる。
貿易取引に用いられるB/E (Bill of Exchange) は、為替手形である。

[Read more →]

Tags: 金融用語か行

仮登記

4月 3rd, 2008 · No Comments

かりとうき
終局登記(本登記)申請をするために必要な、手続き上の条件が備わっていないときや、将来するべき本登記の順位を、あらかじめ保全しておくためになされる登記をいう。
当事者の共同申請で行うほか、登記義務者の承諾書を添付すれば、登記権利者の単独申請も認められ、また裁判所の仮処分命令によって行われる場合もある。
所有権保存登記、所有権移転登記、抵当権設定登記などに仮登記が存在するのは、登記には先願主義があるからだ。登記された場合は、期日の早い権利が、遅い権利に優先する。つまり、抵当権なら、第一順位の債権者がすべての債権に相当する配当を受けたあと、第二、第三の抵当権者に配当が行われるのだ。また、仮登記が登記簿に記されることで、新たにその物件の購入を考え始めた人にも、いまこの物件がどういう状態にあるのかを知らせることにもなる。

[Read more →]

Tags: 金融用語か行

仮執行宣言

4月 3rd, 2008 · No Comments

かりしっこうせんげん
確定判決前に財産上の支払いなどの請求を認めること。
勝訴者が不利益をこうむることに配慮し、民事訴訟において判決が確定する前に財産上の支払いなどの請求を認めること。
民事訴訟法に基づいている。
財産権上の請求権に関する判決において、判決確定前であってもその判決に基づいて仮に強制執行をすることができる旨の宣言(裁判)である(民事訴訟法259条。また、支払督促手続においても、債務者が支払督促の送達を受けた日から2週間以内に督促異議の申し立てをしないときには、債権者の申立てに基づき仮執行宣言が付される。この項では判決における仮執行宣言のみを扱う。

[Read more →]

Tags: 金融用語か行

家庭裁判所

4月 3rd, 2008 · No Comments

かていさいばんしょ
家庭裁判所(かていさいばんしょ、Family Court)とは、家庭に関する事件の審判(家事審判)及び調停(家事調停)、少年の保護事件の審判(少年審判)、少年法37条1項所定の福祉犯罪に係る刑事訴訟の第一審などの権限を有する裁判所である(裁判所法31条の3第1項)。平成16年4月1日からは、人事訴訟(離婚訴訟など)及びこれに関する保全事件等も地方裁判所から移管され、これらを管轄している。
家庭裁判所は、各都道府県庁所在地並びに函館市、旭川市及び釧路市の合計50市に本庁が設けられているほか、支部及び出張所(同法31条の5、31条)も設けられている。
各家庭裁判所には、家庭裁判所調査官が置かれ(同法61条の2第1項)、人間科学に関する専門的知見を活用して、家事審判、家事調停及び少年審判に必要な調査や環境調整などの事務を行っている(同条2項)。
また、裁判は通常公正を期すために公開されるが、家庭裁判所は離婚などの人事訴訟や福祉犯罪に関する刑事事件などの訴訟事件を除き、プライバシーに配慮して原則非公開である。
[source by wikipedia]

[Read more →]

Tags: 金融用語か行

貸付限度額

4月 3rd, 2008 · No Comments

かしつけげんどがく
ローンカードなどの包括契約に基づく、契約上設定された限度額。
貸金業規制法第13条「過剰貸付等の禁止」に基づき、設定された規制限度額。
個人向け無担保・無保証融資おける簡易な審査のみによって、無担保、無保証で貸し付ける場合の目処は1業者当たりの貸付の金額について50万円、または当該資金需要者の年収額の10%に相当する金額。
源泉徴収書の徴求や利用履歴に基づく「慎重な」審査による契約では、50万円を超える融資も過剰融資にあたらないのでクレジットカード、信販会社等を中心に高額ローン商品も提供されている。

[Read more →]

Tags: 金融用語か行

家屋番号

4月 3rd, 2008 · No Comments

かおくばんごう
家屋番号とは、不動産登記簿の表題部に記載される、建物を区別するためにつけられた番号のこと。
公図に基づいており、住所とはべつのもの。
表題部とは、不動産登記簿の記載事項の一部分の呼び名で、その不動産のある場所、種類、登記の日付、敷地面積(土地)、延べ床面積(建物)などが記されている箇所のこと。
ここに記載される家屋番号とは、公図に基づいて建物のひとつひとつを区別するためにつけられた番号。
なお、マンションのように、ひと棟の建物が区分所有されている場合は、区分された専有面積ごとに番号がつけられる。
不動産登記法第45条の規定によれば、登記所は一個の建物ごとに家屋番号を付さなければならないとしており、具体的な方法は不動産登記規則第112条に定められている。
家屋番号は当該建物の敷地の地番と同じ番号を付するのが原則である。例えば、「千代田区千代田1番地1」の土地の上に建てられた建物は「1番1」という家屋番号が付される。(家屋番号には町名は表示されない。つまり、家屋番号は「同じ町名の中での」固有の建物識別番号ということである。)ただし、以下のような例外があり敷地の地番と必ずしも一致しないことがある。
同じ地番に二つ以上の建物が登記された場合、上記の不動産登記規則により「支号」が付される。例えば1番地1の土地の上に二つ目の建物が登記された場合は、その建物の登記番号は「1番1の2」になる。(もともとあった建物は特別に表示変更登記を行わない限り「1番1」のままで「1番1の1」になるわけではない。つまり二つ目以降の建物のみ支号が付されるのが原則である。ただし、もともと建物がなかった地番に二つ以上の建物を同時に登記する場合、初めから「1番1の1」「1番1の2」のような家屋番号を付する場合もあり、大変ややこしい。)分譲マンションなどの区分建物については、それぞれの専有部分について家屋番号を付することになるため、家屋番号は破滅的に理解不能となる。例えば200部屋の分譲マンションが建てられたとすると、外見上は1個の建物が建っているだけだが、登記上は「1番1の1」から「1番1の200」までの200個の家屋番号がカズノコの卵のように固まった集合体をなしていることになる。
家屋番号は家屋の表示登記を行った時点での敷地の地番となるため、敷地の地番に変更があった場合でも、建物の表示変更登記を行わない限り建物の家屋番号が変更になることはない。よって、土地の分筆、合筆あるいは区画整理事業、市街地再開発事業、農用地整備事業などにより地番の再編が行われた場合、現在の敷地の地番と敷地の上の建物の家屋番号に乖離が生じていることも少なくない。
建物登記制度は戦前戦後時期の「家屋税」の台帳が引き継がれ建物の登記簿となったものである。(戦前は家屋税法により税務署に保管、戦後は家屋台帳法により市町村役場に保管されていたものである。)従って、極めて古い建物については家屋税時代の家屋番号が残されていることがある。例えば「1番地1」の上の建物に「50番」という地番と似ても似つかない番号が付されている場合がある。これは、半世紀以上前に家屋税の台帳を編綴していた時代、たまたま簿冊の50ページ目にあったため50という番号が付され、登記簿に引き継がれたものである可能性がある。
[source by wikipedia]

[Read more →]

Tags: 金融用語か行

カードキャッシング

4月 3rd, 2008 · No Comments

かーどきゃっしんぐ
クレジットカードやローンカードを通して受ける小口融資のこと。
通常はATMなどから現金を引き出すことで融資を受けますが、銀行やカード会社の窓口、あるいは振込などで融資を受けることもできます。

[Read more →]

Tags: 金融用語か行

カバードワラント

4月 2nd, 2008 · No Comments

かばーどわらんと
日本でバブル華やかなりしころ、日経リンク債なるものを、わが国の機関投資家がこぞって購入していた。キャピタル・ゲインを契約者配当の原資にできないという制約の下、利息収入を得るために、日経平均の価格リスクを高クーポンに転嫁した商品である。価格リスクとは、価格が上がることも下がることもリスクであり、日経平均がある範囲を超えて上がったら損をする債券も、下がったら損をする債券も、どちらも設計できたものの、投資家がどちらを買ったかは想像の通りである。その裏側には、日経平均のカバードワラントを購入した海外投資家がおり、日経平均の下落で莫大な利益を手にしていた。カバードワラントとは、狭義では、株式や転換社債など、裏付けとなるポジションを打ち消す(=カバーする)ためのものであるが、一般的には、オプションの購入を表象する証券である。つまり、コール・ワラントであれば、特定の株価や指数が、ある範囲を超えて上昇した場合に、その超えた分が利益になるし、プット・ワラントであれば、ある範囲を下回る下落により、その下落分が利益になる。ワラント自身に価格がつくため、効率のよい投資手法として提供されることもある。

[Read more →]

Tags: 金融用語か行

貸倒引当金

4月 2nd, 2008 · No Comments

かしだおれひきあてきん
貸倒引当金(かしだおれひきあてきん、英:Allowance For Bad Debt, Loan Loss Reserve)とは、金銭債権の貸倒見積高を計上することにより生じる引当金である。貸方に計上される勘定であるが、貸借対照表上は評価勘定として資産から控除される形で表示される。
なお、貸倒引当金とは、適正な資産評価および損益計算のために計上される抽象的な概念であり、リスクを定量的に表現したものにすぎない。そのため、貸倒引当金に相当する資金(現金)が現実に確保されるわけではない。
[source by wikipedia]

[Read more →]

Tags: 金融用語か行

貸し倒れ

4月 2nd, 2008 · No Comments

かしだおれ
売掛金、受取手形などの債権が取引先の倒産などで回収不能となることをいいます。

[Read more →]

Tags: 金融用語か行