レディースローン用語集

Cashing for ladies 金融用語集

レディースローン用語集 header image 4

Entries Tagged as '金融用語ろ行'

老年者

4月 1st, 2008 · No Comments

ろうねんしゃ
 税法上では年齢が65歳以上で、その年の合計所得金額が1000万円以下であるものをいう。

[Read more →]

Tags: 金融用語ろ行

ローンパティシペーション

3月 30th, 2008 · No Comments

ろーんぱてぃしぺーしょん
ローンパティシペーション(参加契約)とは、金融機関等からの貸出債権にかかる権利義務関係を移転させることなく、参加人(投資家)が、金融機関等の保有する「貸付債権に対する経済的利益」を取得すると同時に「借入人にかかる貸倒れリスク」を負担し、その対価としてその貸付債権の現在価値に相当する代金を金融機関等に支払う契約のことです。
なお、ローンパティシペーションは金融機関等と参加人との二当事者間の契約であり、借入人への通知または承諾を要件とする債権譲渡契約ではありません。したがって、借入人が健全でも銀行が倒産した場合には、参加人は銀行に対して一般債権者の立場での請求権しか有していないことになり、借入人と銀行の双方のリスクを負担していることになります。
[source by stracchardfinance]

[Read more →]

Tags: 金融用語ろ行

老後資金

3月 27th, 2008 · No Comments

ろうごしきん
老後資金とは、定年後の生活に必要な資金。
2003年の総務省の家計調査によると、世帯主が60歳以上の高齢者で無職の世帯の一ヵ月あたりの平均支出額は約28万円。平均余命からかんがえると、老後資金はだいたい8000万円~1億円程度必要だということになる。それを、年金と退職金と貯金でまかなうということになる。もしそれでも足りなかったら、貯蓄を増やしたり、年金保険に契約するなどの対策が必要である。

[Read more →]

Tags: 金融用語ろ行

CLO/ローン担保証券

3月 25th, 2008 · No Comments

しーえるおー
ろーんたんぽしょうけん
CLOとはCollateralized Loan Obligationの略称であり、銀行が保有する貸付債権の流動化を目的として組成される証券化スキームの一種です。
日本では、90年代半ば以降、株価低迷や不良債権の大量発生により銀行の自己資本が脆弱化する中、大手銀行が海外での業務展開に必要な自己資本比率8%(「BISの自己資本規制」と呼ばれています。)を維持する為、優先出資証券の発行や公的資金の注入といった資本増強対策とともに、資産圧縮対策の一つとして活発に行ってきました。
具体的な取引の流れは以下の通りです。
(1) 銀行が保有する多数の借入人に対する貸付債権を一括して(もしくは、一旦、貸付債権信託受益権の形にして)特別目的会社に譲渡します。
(2) 当該特別目的会社がかかる貸付債権等の譲受代金を調達する為に社債(この社債を”CLO”と呼ぶこともあります。)を発行します。
(3) この社債は証券会社等を通じて内外の機関投資家等に販売されます。
ここで社債を発行する特別目的会社の業務は、貸付債権等の譲受及びその譲受代金を調達するための社債発行に限定されています。
従って、投資家が購入する社債のリスクは特定目的会社のコーポレートリスクというよりは、まさにこの貸付債権等のリスクと言えます。

[Read more →]

Tags: 金融用語し行 · 金融用語ろ行

ローン

3月 24th, 2008 · No Comments

ろーん
お金を貸すこと、あるいは借りることを指す。
「ローンの返済」というように、借りた(貸した)お金そのものを指すこともある。
銀行や消費者金融の商品名に付いていることが多い。

[Read more →]

Tags: 金融用語ろ行

ローンシャーク

3月 24th, 2008 · No Comments

ろーんしゃーく
ローンシャーク(loan shark)は、米国における悪質貸金業者の俗称です。高利貸しのことです。1900年代前半には、米国でローンシャークが跋扈(ばっこう)し、社会問題になりました。

[Read more →]

Tags: 金融用語ろ行